本日のお奨め 2015年5月9日

■小雨混じりのこんな日は・・・Pidoの優しいAORで

常夏の国フィリピンですが、微妙に湿度を含んだ甘い空気が流れるマニラでも曇りがちの日が多く、雨季でなくても小雨がぱらつくことが良くあります。そんな気候のフィリピンではいかにも南国らしい開放的な音楽から、内省的で情緒的な音楽まで実に多彩な作品が生み出されています。
本日お奨めにピックアップしたのは、梅雨のかかり、曇り空で小雨がぱらつく日本にもぴったりの、メロウなムードを持ったフィリピン産AORの名曲「Misty Glass Window」を収録したアルバム「Artstart」です。
活動期間の短いArtstartバンドですが、リーダーのPidoを中心にセンスの良いアーティストが集まってとても内容の濃いアルバムを残しています。
解散後の2005年、Pidoはソロアルバム「Alone…But Never Alone 」をリリース、AOR系のヒット曲をアコースティックなサウンドでリメイクしたこのソロアルバムはマニアの垂涎の的となっていますが、オリジナル曲を中心にしたArtstartのアルバムはそれらAOR系ヒット曲を凌ぐウェルメイドなメロディとアレンジの佳曲が詰まったこれぞ名盤と呼ぶにふさわしい1枚。
後にソロとしてフィリピンポップス界で今も歌い継がれる名曲「Till My Heartaches End」をリリースすることになる女性シンガーElla May Saisonのボーカルも聴けます。