Viva records所属のフィリピンを代表するポップスター「Sarah Geronimo」

Viva records所属・フィリピンを代表するポップスター「Sarah Geronimo」

先日送信いたしましたメールマガジンでもご案内させていただきましたが、現在フィリピンの最大手レコードレーベル・老舗レコードレーベル「Viva records」とその系列・傘下「Vicor music」は現在CD部門を閉鎖、新作のリリース・倉庫からの商品流通が完全にストップしております。
また、フィリピン国内のCD/DVDアウトレット(ショップ)からいっせいに自社(系列含む)商品を引き揚げ、市内のショップでの購入も不可能な状態となっております。

昨今の音楽離れとインターネット上で無料で閲覧・視聴することが可能になったあおりを受け、製作会社・アーティスト共に録音製作物からの利益が極端に落ち込んだための処置で、在庫の維持・管理のための費用・新たな作品の製作にかかる費用の捻出が困難になったことが主因となっております。
また、定額配信・データのみのダウンロードによる販売もフィリピン国内ではフィジカルフォーマット(現物のCD/DVD)の落ち込みを補うことができず、実質的な倒産や、新規生産からライブ・テレビ出演などタレントマネージメントに事業の方向性の転換を迫られているレーベルもあり、今後はフィリピン国内他社で同様の動きをとるところも出てくるのではと思われます。

今回閉鎖となったViva / Vicor(ヴァイカール・ヴァイコール) recordsは1970年代からフィリピンポップスのメインストリームとなるアーティストの作品を数多く手がけており、現在もフィリピンを代表するトップスターSarah Geronimoをはじめ、海外のファンからも熱狂的な支持を集めている新進気鋭のR&Bレーベル「Flip music」の作品をリリースしています。
また、現在は他のレーベルに移籍しているフィリピンを代表するアーティスト「Regine Velasquez」「Sharon Cuneta」らの絶頂期の音源も数多く所有、フィリピンポップスの青春時代ともいえる「マニラサウンド」を彩ったアーティストの作品も所有しています。
Lea Salonga, Lani Misaluchaなど海外で確固たる評価を定着させているベテランはもとより、Charice Pempengco, Arnel Pinedaら彗星の如く現れ世界の音楽シーンの中心で活躍しているアーティストも少なくなく、また、Jessica Sanchez(American Idol)や4th power(a.k.a. Cercados)(X-Factor UK)など海外のコンペティションでフィリピン人アーティスト・フィリピン系アーティストの活躍が続々と報じられ、注目を集めている現在、新たにフィリピンのポピュラーミュージックに触れ、過去のアーティストや現在活躍しているアーティストのデビューアルバムを含む過去のアルバムにご興味を持たれる方々も、特に日本をはじめとする海外ではこれからも増え続けることが予想されます。
そんな折のこの大手レーベル閉鎖のニュースは真に残念であります。

状況が劇的に好転すれば、音楽出版の再開・拡充もあると思いますが、今はそのような方向に向かっていないのが現状です。
現在私共で取り扱いしておりますViva / Vicor作品は新旧合わせて約490タイトルに上りますが、ただ今在庫切れとなっております作品、及び、今後売り切れとなりました作品の再入荷につきまして、倉庫に眠っている作品の入手のために方策を尽くしておりますが、現状ではお客様のリクエストにお応えすることが非常に困難となっております。
以下のリンクは、Mia music&Booksオンラインショップの商品をキーワード:「レーベル:Viva」「レーベル:Vicor」で検索・抽出し、新作(新規取り扱い)順に並べたものを表示しています。

■Viva recordsからリリースされた作品一覧

■Vicor musicからリリースされた作品一覧

現在在庫のある作品はお早めにお求めいただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、在庫切れとなっております作品の再入荷リクエストは、商品ページのお問い合わせフォーム「この商品について問い合わせる」、ホームページの「お問い合わせフォーム」からも引き続き承っておりますが、上記事情をご理解の上、基本的に再入荷不可・可能な場合も入荷に長期間を要る場合がございますことを予めご了承くださいませ。