アローン・アゲイン (原題:Alone Again Naturally)

アイルランド出身のシンガーソングライター「ギルバート・オサリバン (Gilbert O’Sullivan)」が1971年に放った大ヒット曲でポップアーティストだけでなく、サラ・ヴォ―ンなどジャズシンガーにも取り上げられている名曲。

2015年5月にリリースされたアルバムの中でベテランシンガー「シャ・シャ・パディーリア (Zsa Zsa Padilla)」がなんともオシャレでリラックスしたバージョンをレコーディングしました。
6/8拍子のリズムにジャジーなギターのオブリガート、そしてなんといっても音の立ち上がり・小節頭の出だしがピリッと引き締まったシャ・シャのボーカルの魅力が聴きなれたこの曲に全く新しい魅力を添えています。
ちなみにこの曲(アルバム)でギターを弾いているのは、AORファン垂涎の的となっている幻の名作アルバム「Alone…But Never Alone」をリリースしているフィリピンAOR第一人者「ピド・ラリマルモ (Pido Lalimarmo)」です。