グッバイデイ (フィリピン題:Nais Ko)

1980年、来生たかおがセーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子)とそれに続くシルエットロマンス(大橋純子)の大ヒットで一躍全国に名前が知れ渡る直前にリリースした自身のアルバムに収録。

日本のヒット曲は80年代のものを中心にフィリピンへ持ち込まれ、現地の言葉で歌詞がつけられてレコーディングされたものが、いわゆる「JPM」として日本人の注目を集めていますが、この曲も同じ要領で来生たかおのメロディにタガログ語の歌詞がつけられたもの。
原曲の雰囲気を踏襲した哀愁漂うアレンジとシャ・シャ・パディーリアのボーカルがとてもよく合っています。