1970年代、フィリピンのミュージシャンはこぞって日本へ来日、ホテルのピアノラウンジやナイトクラブ、ディスコなどでの生演奏で活躍し、フィリピンを含む海外のサウンドを紹介していましたが、同時に日本のヒット曲をフィリピンに持ち帰りフィリピン人リスナーに盛んに紹介していました。
メロウでロマンティックなジャパニーズポップスはフィリピンでも大人気ですが、今回はそんな中からサザンオールスターズのいとしのエリーのタガログ語カバー(JPM)をピックアップ!
パワフルなボーカルで彗星の如く現れた新人シンガー ジョヴィット・バルディヴィーノ(Jovit Baldivino)の最新カバーです。

※日本のヒット曲のタガログ語カバーバージョンはフィリピンポップスの愛称「OPM」になぞらえて「JPM」と呼ばれることが多いですが「JPM」を収録したアルバムは60年代からリリースされていて、Mia music&Booksオンラインショップでもまとめて紹介しています・・・こちら(■ JPM (日本のヒット曲のタガログ語カバーを含むアルバム一覧) )
なお、「JPM」は日本人が作った造語でフィリピン(人の間)では通じませんのであしからず・・・

■収録アルバム紹介・・・

リリース:2015年6月
レーベル:Star records (Star music)
フォーマット:CD
歌詞カード:あり

収録曲:
01. Nanghihinayang
02. Honey, My Love (So Sweet)
03. Forbidden
04. LowBat
05. Apoy
06. Love Na Love Kita
07. Hanggang Mayroong Bukas
08. Itong Aking Mundo
09. Bumangon Tayo
10. Bagong Pilipino

bonus tracks:
11. Sana’y Magbalik
12. Dito
13. Pusong Bato