ここ数年世界各国で注目を集めはじめたフィリピン映画。日本でも各地の映画祭やロードショー館でも上映される人気ぶりですが、昨年に続き東京国際映画祭でフィリピン映画の上映があります。

今年のフィリピン映画の上映作品数は5本です。
東京国際映画祭オフィシャルサイトの掲載順にご紹介します。

「ある肖像画(Ang Larawan)」2017年

「殺人の権利(Tu Pug Imatuy)」2017年

「アンダーグラウンド(Pailalim)」2017年

「キリスト(Kristo)」2016年

「カカバカバ・カ・バ?(Kakabakaba Ka Ba?)」1980年

上映作品中「カカバカバ・カ・バ?(Kakabakaba Ka Ba?)」だけは最新作ではなく1980年製作、フィリピンの名匠マイク・デ・レオン(Mike De Leon)監督によるミュージカルコメディです。
薬物をつかまされた主人公が、追いかけて来た日本のマフィアから逃げ回りやがて立ち向かう・・・というストーリーのコメディで、今年日本でも上映となって話題のヴェネチア国際映画祭金賞受賞映画「立ち去る女(Ang Babaeng Humayo)」に主演しているチャロ・サントス(Charo Santos)も出演しています。
この作品は今年5月にフィリピンでデジタルリマスター版として復刻DVDが発売され、現在Mia music&Booksオンラインショップにて取り扱いをしております。
マイク・デ・レオン監督のその他の代表作2作と共に3作品が収録された3枚組廉価版DVDです。
この機会に是非!
▼こちら


DVDリリース:2017年5月
レーベル:Star Cinema (ABS-CBN film productions, ABS-CBN film restoration)
フォーマット:DVD
再生方式:NTSC (日本仕様に準拠しています)
リージョンコード:ALL
レーティング:Parental Guidance (フィリピン国内)(3作品共通)

ディスク1:
作品名:Kung Mangarap Ka’t Magising (Moments in a Stolen Dream)
劇場公開:1977年12月24日
製作: LVN Pictures
ジャンル:ドラマ・ロマンス
上映時間:112分
英語字幕付き

監督:
Mike De Leon

出演:
Christopher De Leon
Hilda Koronel


東京国際映画祭2017で上映される作品です!
ディスク2:
作品名:Kakabakaba Ka Ba?
劇場公開:1980年8月8日
製作: LVN Pictures
ジャンル:コメディ
上映時間:106分
英語字幕付き

監督:
Mike De Leon

出演:
Christopher De Leon
Charo Santos-Concio
Sandy Andolong


ディスク3:
作品名:Hindi nahahati ang langit
劇場公開:1985年3月7日
製作: LVN Pictures
ジャンル:コメディ
上映時間:130分
英語字幕付き

監督:
Mike De Leon

出演:
Christopher De Leon
Lorna Tolentino
Dina Bonnevie
Edu Manzano

映画祭の詳しい日程などはオフィシャルウエブサイトにて!
▼こちら