クン・アコ・ナ・ラン・サナ (Kung Ako Na Lang Sana) by ビトゥイン・エスカランテ (Bituin Escalante)

「Kung Ako Na Lang Sana」を収録したビトゥイン・エスカランテのアルバム

「Kung Ako Na Lang Sana」を収録したビトゥイン・エスカランテのアルバム

2000年以降にリリースされたOPMソングの中でも屈指の名曲の一つ。メロディの美しさもさることながら、やはりこの曲の聴き所はビトゥイン・エスカランテのボーカル!
この曲では彼女は1回目のサビまでの「1番」をファルセットで、(下のビデオでは)2分くらいから始まる「2番」を実声で、と声を使い分けています。
このこと自体はよくあるボーカルアレンジですが、「2番」以降はリズムセクションも入る構成なのでぐっと一段エモーショナルになりがちなところ、殆ど音圧と「声の勢い」を変えずトーンだけを変えて後半のクライマックスへの流れを抑制の効いた非常に自然なものにしています。
高度なテクニックですがそれを殆ど目立たせることなく、聴いた後に心になぜかいつまでも残り、繰り返し聴きたくなる名曲に仕上げているビトゥイン・エスカランテのボーカルは正に「プロフェッショナル」。
こんな風に歌えるポップシンガーは世界に何人いるか…フィリピン人シンガーの歌を聴く機会に恵まれて良かったと思える大傑作です。