この秋日本で観れるフィリピン映画 その2 (藤野フィリピン映画交流会)

年々フィリピンの映画の知名度は世界中で上がっており代表的な映画祭でも次々と最高賞を受賞するなど作品や製作者、出演者への評価も高くなっています。
日本でも大きな映画祭だけでなく、各地で見応えのあるフィリピンのインディペンデント作品・短編映画の上映会が開かれています。

藤野フィリピン映画交流会
2018年9月8日

上映作品:


タイトル:Ina-Tay (Mother-Father)
フィリピンでの公開:2014年8月2日
制作:Amateur Creative Thespians of UP (ACT-UP)
監督:Chloe Anne A. Veloso
出演:Badidi Labra, Albert Chan Paran, Peewee Senining 他

Teaser:


タイトル:A smile for Evelyn (原題:Pahiyom alang kang Evelyn)
フィリピンでの公開:2015年2月22日
制作:
監督:Chloe Anne A. Veloso
出演:Yasmeenah Julasiri, Therese Villarante, Dulcita Siroy


参考サイト:International Movie Database

イベントの詳細は藤野フィリピン映画交流会(Facebook イベントページ)にて!