現在のフィリピンR&Bシーンを牽引するトップシンガーJay R、シンガーとしてパフォーマンスをするだけでなく自身のレーベルを興してフィリピンの音楽の普及とさらなる向上のため精力的に活動しています。
自身のレーベル「Homeworkz」は自身のアルバムと周辺のR&B系シンガーの作品プロデュースをしていた小さなハウスレーベルでしたが現在では幅広いジャンルの作品をリリースしています。
Homeworkzは先月も伝説のフィリピンR&Bバンド「South Border」でボーカルを務めていたルーク・メハレス(Luke Mejares)のソウル・R&B直系のアルバムをリリースしています。

今日はJay Rのデビュー作「Bakit Pa Ba」のライブパフォーマンスをピックアップしました。
フィリピンポップス界の重鎮ヴェニー・サトゥーノ(Vehnee Saturno)作詞作曲のオリジナルソングでオーソドックスなR&Bとフィリピンポップスが見事に融合した傑作フィリピン産R&Bバラードです。
ちなみに作曲者のVehnee SaturnoはLuke Mejaresの最新アルバムにも1曲提供しており、その曲もBakit Pa Baに負けず劣らず大変よくできたフィリピン産R&Bです!

■収録アルバム紹介・・・
Jay Rの記念すべきデビューアルバムです。この頃はまだHomeworkz recordsは立ち上がっておらずフィリピンのメジャーレーベル「Universal records」からのリリースです。

リリース:2003年
レーベル:Universal Records
フォーマット:CD
ディスク枚数:1
歌詞カード:あり

収録曲:
01. Design For Luv
02. Where Do We Go
03. All I Need
04. I Got A Girl
05. Farewell
06. River Running
07. Gameface
08. Tongue Ring
09. My Bestfriend’s Girl
10. Our Love
11. Kiabigan
12. Bakit Pa Ba