本日のお奨め~デュエットソング最終回(パート10)「Sana Ngayong Pasko」

■デュエットソング最終回は、南国の風景が似合うちょっぴり切ないクリスマスデュエットソングYeng ConstantinoとJayR SiabocのSana Ngayong Pasko

Sana Ngayong Paskoのデュエットバージョンを収録した「V.A / Star Magic Christmas」
デュエットソング特集最終回はフィリピン産クリスマスソングの名曲「Sana Ngayong Pasko」をピックアップしました!
デュエットバージョンとはいえ、なぜに夏の入り口のこの時期、クリスマスソングをピックアップしたかと申しますと・・・
この曲はオリジナルのAriel Riveraバージョンはもちろん、Lea Salonga, Jed Madelaらフィリピンのトップアーティストによりリメイクされたバージョンも大変美しく、歌詞の持つ悲しいクリスマスの情景をうまく表現していますが、ここで取り上げたデュエットバージョンはそれに素朴で無垢なテイストを加え、南国の暖かい夕日に照らされながら田舎道を歩きつつ口ずさんでいるようなどこか懐かしくて切ない雰囲気を出しているからです。
麦藁帽子と夕日が似合うクリスマスソング、初夏の日差しの日本で聴いてみれば、フィリピンのクリスマスをちょっぴり感じることが出来るのでは・・・

アレンジ的にも一番と二番、三番と四番に「短3度転調」を上手く使ってオリジナルには無い雰囲気を効果的に出しています。この曲に切ない感じを与えているのはここがツボなのかも。