本日のお奨め 女性ソングライターのヒット曲 パート4(I Think I’m In Love / Cecile Azarcon)

■フレッシュな若手シンガーのカバーとオリジナルシンガーによる余裕のセルフカバー、どちらも一聴の価値あり!

Marie Digby(マリエディグビー)のバージョンを収録したアルバム「Your Love」
昨日Lift Up Your Handをピックアップした女性ソングライターCecile Azarcon、本日も引き続き彼女の名曲を・・・
1984年にKuh Ledesmaが大ヒットさせたI Think I’m In Loveです。
この曲もリリース後多くのシンガーのレパートリーにされている曲ですが、一番新しいカバーバージョンは2011年日系アメリカ人シンガーMarie Digbyがフィリピンでレコーディング・リリースしたアルバムに収録されているもの。爽やかなシャッフルビートに乗って歌われているこのバージョンは30年以上前の曲とは思えないみずみずしさを伴ってリスナーの耳に届いてきます。日本でアルバムリリースもある彼女、フィリピン産の名曲に触れられた方日本のMarieファンの方も多いのでは・・・


オリジナルシンガーKuh Ledesmaによるセルフカバーを収録した「Memories」
そしてこの曲のオリジナルシンガーKuh Ledesmaも2014年にセルフカバーの形でレコーディング、トップアーティストとして現在も幅広くショービズ界に影響力を持つ彼女ですが、いい形で時を重ねてきたKuh Ledesmaの再録バージョンはやわらかくて、やさしい温かさに溢れた正に「大人の女性」のテイクです。

ちなみにこのアルバムは「Memories」というタイトルでこれまでの活動を振り返る形で自身のヒット曲をセルフリメイクしていますが、全曲親友のCecile Azarconのペンによるもの。Cecileの作品集としても楽しめる1枚です。


Marieバージョン

Kuh Ledesma の動画は1984年のオリジナルバージョンです。