フィリピンについてのトークイベント「アートで考える日本とフィリピン」と民族音楽が体験できる「フィリピン音楽体験ワークショップ」が開催されます!


来たる1月19日と20日、大阪でフィリピンに関するトークイベント(ドキュメンタリー上映もあり!)とフィリピンの民族音楽が体験できるワークショップが開催されます!

1月19日
(1)トークイベント「アートで考える日本とフィリピン」
15:00~16:30 応典院・研修室B
2つの事例から、芸術表現を通じて日本とフィリピンの関係を考えます。
1)現代音楽作曲家の田口雅英による、フィリピン・ダバオでの戦前の日本人移民や戦争の記憶に関わる音楽作品、
2)フィリピノ語通訳の平松マリアが制作に関わった、ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン(JFC)に関するドキュメンタリー。
(トークの他、作品の録音の再生、JFCに関わるドキュメンタリー作品の上映を含みます。)

1月20日
(2)ワークショップ「フィリピン音楽体験ワークショップ」
17:00~18:30 応典院・研修室B
主に伝統的な竹楽器を使って、フィリピンの音楽(ルソン島北部山岳地帯、ミンダナオ島などの地域のもの)を体験してみましょう。楽器経験のない方、楽譜の読めない方でも、楽しくご参加いただけます。楽器はこちらで用意いたします。
出演:田口雅英
対象:小学校中学年以上の方

○開催場所・時間・チケット入手に関しての詳細は、上記リンク先をご参照ください。
お申込み方法:企画応援ご予約窓口からお申込みください
(上記のリンク先より、「企画応援ご予約窓口」をクリックしてお進み下さい。)